> 歯根破折
神経を取ってしまった歯のことを失活歯といいますが、
この失活歯の中で多いトラブルが歯根破折です。
文字通り歯がまき割りのように割れてしまうことです。
これがおきるとなかなかその歯を助けることが難しくなります。
80%くらいは抜歯になる可能性が高いです。
しかし残りの20%くらいは助けることもできるかもしれません。
また診断が難しいのできちっと歯根破折であるという診断をつけなければなりません。
経験の浅い歯医者さんには少し難しく見逃してしまうこともあります。
硬いものを噛んで歯肉が突然腫れたりした場合は歯根ハセツを疑う必要があります。

この歯根ハセツを起こさないためにも神経を取らないで治療するということが
大切になってきます。
かかりつけの歯医者さんで定期的に見てもらうことも重要になります。
[PR]
by satohn16 | 2007-01-15 08:15